フリーエンジニアになりたての人向けの、わかりやすい青色申告ガイドです

システムエンジニア求人マーケット

フリーエンジニアになったら、青色申告にもチャレンジ!

特集

フリーエンジニアのための青色申告を税理士がわかりやすく解説

はじめて青色申告にチャレンジするフリーエンジニアの方がつまづきやすいポイントを、税理士がわかりやすく解説します。そもそも、青色申告って何?白色申告と青色申告は何が違うの?青色申告の節税効果とは?など、青色申告について知りたいことを項目別に紹介しています。税金の相談にも乗ってくれるフリーエンジニアの専門エージェントはこちらへ→【https://freelance.levtech.jp/

フリーエンジニアのための青色申告

フリーエンジニアのための青色申告

個人事業主であるフリーエンジニアになったら、年に1回、所得税を確定させるための確定申告をすることになります。1月~12月までの1年分の売上や経費を集計して、年間所得額と所得税額を所定の書類に記載し、税務署に申告します。確定申告をするにあたって、青色申告と白色申告、どちらかを選択することになります。税理士にすべて任せることもできますし、自分で書類を作成して申告することも可能です。とはいえ、「青色申告」という言葉自体、会社員時代にはあまり縁のない言葉で、最初は戸惑ってしまうかもしれませんね。まずは、青色申告とは何か?白色申告と青色申告の違いなど、基礎の部分から説明します。 フリーエンジニアのための青色申告の詳細を見る

フリーエンジニアは青色申告で節税

フリーエンジニアは青色申告で節税

せっかくフリーエンジニアになって儲けても、翌年に多額の税金を支払うことになったら大変です。フリーエンジニアは、例えば飲食店経営などのように店舗や什器設備を用意する必要もなく、仕入がかさむこともありません。身軽に稼ぐことができる利益率の高い職業です。利益率が高いということは、その分税金も高くなるということです。うかうかしていると、予想以上に高額な税金を請求されて困窮することになります。青色申告の場合、記帳と帳簿作成の事務負担が面倒ではありますが、節税メリットを最大限に活用して、しっかり節税しましょう。 フリーエンジニアは青色申告で節税の詳細を見る

フリーエンジニアの経理作業

フリーエンジニアの経理作業

フリーエンジニアの経理作業は、きわめて面倒に感じるものです。しかし、青色申告の節税メリットを享受するためにも、事業の収支を正しく把握するためにも、がんばって記帳しましょう。本来、経理作業は、確定申告のためのものではなく、経営状況を確認するためのものですので、事業の利益を確認するためにも日々こまめに記帳すると良いでしょう。また、お金の管理もつい公私混同してしまいがちですが、事業用のお金とプライベートのお金は明確に区別するようにしましょう。最終的には良きパートナーとなる税理士を見つけることも考えてみてください。プロの節税術で合法的に節税してもらえる可能性も高いです。 フリーエンジニアの経理作業の詳細を見る

おすすめ記事ピックアップ

青色申告と確定申告は別物

青色申告と確定申告は別物 確定申告とは、所得に応じた所得税額を確定し税金を納めるまでの手続きをいいます。青色申告とは、青色申告決算書という書類で所得を申告することによって、税制上の特例が認められる制度のことを言い、正確にいうと、青色申告と確定申告は別のものになります。一般的に白色申告といわれる方法では、青色申告決算書に該当する書類として収支内訳書という書類で所得額を申告することになります。収支内訳書を利用する場合は、貸借対照表や損益計算書は不要で、記帳方法も簡易簿記で良いことになっています。

青色申告と確定申告は別物 の詳細を見る

青色申告だと30万円未満の減価償却資産を一括経費にできる

青色申告だと30万円未満の減価償却資産を一括経費にできる 青色申告ならではの節税対策として活用したいポイントが、減価償却の特例です。10万円以上のものは資産として扱い、減価償却費として数年にわけて経費処理するという税務上のルールがありますが、青色申告の場合は、30万円未満の資産であれば減価償却分をその年に一括で経費処理することが認められています。年間あたり合計で300万円まで認められるため、利益が出た年の年末近くに節税対策で物品購入をする場合などにも、大変便利な特例です。

青色申告だと30万円未満の減価償却資産を一括経費にできる の詳細を見る

税理士はフリーエンジニアのパートナー

税理士はフリーエンジニアのパートナー 開業初年度は特に、税理士と契約する余裕はないという考えのフリーエンジニアも多いと思います。税理士は、日々の記帳を代行したり、青色申告決算書や確定申告書を正しく作成するのは当たり前ですが、税務のプロフェッショナルですので、節税に関する知識も豊富です。まったく同じ収支であっても、青色申告書と確定申告書の記入内容次第で所得税額が変わります。正しい知識に基づいて合法的な節税対策ができることが、フリーエンジニアが税理士と契約する一番のメリットかもしれません。

税理士はフリーエンジニアのパートナー の詳細を見る

システムエンジニア求人マーケット

Copyright © 2014 システムエンジニア求人マーケット All Rights Reserved.