1年あたり合計額300万円までOK!青色申告で30万円未満の減価償却資産を一括経費に

システムエンジニア求人マーケット

フリーエンジニアになったら、青色申告にもチャレンジ!

特集

青色申告だと30万円未満の減価償却資産を一括経費にできる

青色申告だと30万円未満の減価償却資産を一括経費にできる 減価償却の特例は青色申告の節税ポイントですが、はじめての青色申告で、かつ経理経験もないフリーエンジニアであれば、減価償却資産という言葉の意味自体がチンプンカンプンかもしれませんね。減価償却資産を一括償却できるとなぜ節税になるのか、そもそも減価償却とは何かを説明します。

Pocket
LINEで送る

経費と資産について

減価償却費とは、経費の勘定科目ですが、減価償却費を理解するためには、経費と資産の違いを理解する必要があるので、そこから説明していきます。
まず経費とは、事業を行う上で必要になる支出のことで、事務所などの家賃や、水道光熱費、電話代などの通信費、交通費などがあります。これに対して資産とは、財産のことを言い、大きく流動資産、固定資産、繰延資産に分類できます。現金や預金などは流動資産に該当し、土地や車両などは固定資産となります。繰延資産はここでは割愛します。10万円以上30万円未満の物品は、少額固定資産という扱いになり、経費ではなく資産として扱うというルールになっています。 購入した物品を資産とするか経費とするかは、その購入金額で判断しますので、極端な例でいえば、ボールペン1本であってもその購入価格が10万円であれば資産計上することになります。

減価償却費とは

減価償却費とは、資産として計上したものの購入代金を何年かにわけて経費処理するための勘定科目です。つまりどういうことかと言うと、車両や土地、高額なパソコンなどは、購入してから長期にわたって使い続けるものであり、購入したその年に消耗するものではないため、その物の耐用年数に応じて毎年少しずつ経費処理するべきだというのが、減価償却という考え方です。
そのため、減価償却の計算方法にはその物の性質に合わせて定額法や定率法などのルールが定められており、償却する年数や償却率なども決められています。例えばパソコンであれば、4年間かけて減価償却処理をすることになります。

青色申告の減価償却の特例とは

青色申告の場合、「30万円未満の減価償却資産は、年間合計額300万円を超えない範囲で一括償却してもよい」という特例が認められています。例えば、30万円のパソコンを購入したとしましょう。本来であれば、固定資産として計上して4年間にわけて減価償却費として経費処理することになりますので、購入した年に経費処理できるのは7万円程度です。しかし、青色申告は減価償却の特例が適用されるため、購入した年に全額の30万円分を一括で経費として計上することが許されるわけです。(正確な償却額は異なりますが、ここでは、仕組みを理解することを目的としていますので、わかりやすいようにあえて単純計算しています。)
経費が増えれば所得額をおさえられるので、所得税額もおさえることができるため、節税対策になるということは理解していただけると思います。

おすすめ記事ピックアップ

青色申告と確定申告は別物

青色申告と確定申告は別物 確定申告とは、所得に応じた所得税額を確定し税金を納めるまでの手続きをいいます。青色申告とは、青色申告決算書という書類で所得を申告することによって、税制上の特例が認められる制度のことを言い、正確にいうと、青色申告と確定申告は別のものになります。一般的に白色申告といわれる方法では、青色申告決算書に該当する書類として収支内訳書という書類で所得額を申告することになります。収支内訳書を利用する場合は、貸借対照表や損益計算書は不要で、記帳方法も簡易簿記で良いことになっています。

青色申告と確定申告は別物 の詳細を見る

青色申告だと30万円未満の減価償却資産を一括経費にできる

青色申告だと30万円未満の減価償却資産を一括経費にできる 青色申告ならではの節税対策として活用したいポイントが、減価償却の特例です。10万円以上のものは資産として扱い、減価償却費として数年にわけて経費処理するという税務上のルールがありますが、青色申告の場合は、30万円未満の資産であれば減価償却分をその年に一括で経費処理することが認められています。年間あたり合計で300万円まで認められるため、利益が出た年の年末近くに節税対策で物品購入をする場合などにも、大変便利な特例です。

青色申告だと30万円未満の減価償却資産を一括経費にできる の詳細を見る

税理士はフリーエンジニアのパートナー

税理士はフリーエンジニアのパートナー 開業初年度は特に、税理士と契約する余裕はないという考えのフリーエンジニアも多いと思います。税理士は、日々の記帳を代行したり、青色申告決算書や確定申告書を正しく作成するのは当たり前ですが、税務のプロフェッショナルですので、節税に関する知識も豊富です。まったく同じ収支であっても、青色申告書と確定申告書の記入内容次第で所得税額が変わります。正しい知識に基づいて合法的な節税対策ができることが、フリーエンジニアが税理士と契約する一番のメリットかもしれません。

税理士はフリーエンジニアのパートナー の詳細を見る

システムエンジニア求人マーケット

Copyright © 2014 システムエンジニア求人マーケット All Rights Reserved.